幸せを貯めるハッピー貯金が素晴らしい。具体的な方法を解説

ハッピー貯金

ハッピー貯金”という言葉をご存知でしょうか。

その名の通り「幸せを貯める」貯金法なのですが、本日Twitter上で挙げられた貯金法に「これはいいな。」「私もやりたいんだけど!」と執筆時点で136,711件ものいいね!がつくほど話題になっていました。

というわけで、その内容と具体的な方法をシェアしておきましょう。

頑張ったことor良いことがあったらメモする貯金法

Twitterユーザーのもっちさんは、1年の間で…

  • 自分が頑張ったこと
  • よかったことがあった時

に折り紙へメモをしていたそう。

これだけなら、まぁ珍しくありませんが…この折り紙の中に小銭を包んでビンに貯金していたのです。その写真がこちら


その数は計535個。どんだけ良いことあったの!!!と突っ込みたくなりますが、頑張ったことでもOKなので、去年は相当頑張ったのでしょう。

ちなみに、メモに使った綺麗な折り紙と小ビンは、100均でお馴染みのダイソーで買ったものだそう。簡単に揃えられそうです。

ビンは200円〜300円ほどするようですが、折り紙は100円。こちらですね

ただ、折り紙は少々大きかったようで4分の1にカットして使っていたとのこと。いちいち切るのが面倒であれば、始めから小さい折り紙を買ったほうが良いかも。

なお、今回もっちさんは紙風船の形にしていましたが…これは開けるのが大変ということで…今年は別の包み方を模索する様です。

紙風船の作り方はこちらが分かりやすいので参考にどうぞ。


ちなみに、開封したメモは、いつでも見返せるようにノートにまとめるとのこと。貯金と日記を同時に始めたい人は、モチベーションを高める意味でもチャレンジしてみてはどうでしょう?

別に紙風船にする必要はない

紙風船はおしゃれですが、正直かさばりそうです。別に紙風船にする必要はないので、普通にメモ→四つ折りの方が始めやすいかもしれません。

開けたらこんな感じ

がっつり貯めるなら500円玉で貯金したいところですね…。

貯金は楽しまないと続きません。自分のモチベーションが続く・上がるやり方を模索して、コツコツやっていきましょう。

元ITベンチャー社員のアラサー。スマホやWebサービスの賢い使い方を中心に節約術を解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です